アパートの3階で「水が出ない」のはポンプが止まっていたからでした。

★気に入ったらシェアをお願いします!

ポンプが止まっていた

こんにちは、専務の長谷川高士です。本日は、碧南市内でアパートの管理会社様からのご依頼です。

管理会社様
コーポ○○○の3階で水が出なくなってしまったようです。入居者さんが困っているので、至急行ってください。

時刻は18時過ぎ……お風呂や食事の支度できっとお困りでしょう。早速現場へ向かいました。

3階の住戸にはポンプで水を送っています。

3階建ての賃貸アパートでは、3階の住戸用にポンプと受水槽(貯水槽)が一体になったものを設置することが多いです。今回のコーポ○○○も3階建てで、ポンプ付き受水槽が設置されています。

ポンプ付き受水槽

下のタンクに水を貯めて、ポンプ(グレーの機械)で水を送り出します。

3階へ水を送るポンプについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

水道管が破裂して勢いよく水柱が上がっているのをニュースで見たことがあります。ホントにあんなに高く上がるものなの?そんな疑問にお答えします。

3階の1室だけ「水が出ない」ということでしたので、断水の原因はこのポンプ、ということになります。

ポンプが止まる原因はいろいろ

「水が出ない」という状況から、ポンプが止まっていることは間違いありません。問題はポンプが止まっている原因です

チェックリストに従って、調査

ポンプが止まっている原因を探し出すためにチェックをします。

  • コンセントに通電されているか(停電していないか)
  • 受水槽に水は貯まっているか(元が断水していないか)
  • センサーに問題はないか

コンセントはよし、水も貯まっている。そして……。

水位が下がったことを感知するセンサー

チェックリストの3番目、「センサーに問題はないか」の確認です。

電極

赤丸印の部品の下に金属棒が2本下がっています。

センサーの目的は、タンクの水位が下がって吸い上げる水がなくなった時にポンプの運転を止めることです。「空転(くうてん)防止」と呼ばれます。

水槽の中に金属の棒が2本下がっていて、それぞれの棒にケーブルがつながっています。棒の長さは片方は水槽の高さと同じくらい、もう一方はそれよりも少し短いくらいにしてあります。

タンクの水が十分に貯まっている状態では、2本の棒が水に浸かり、水を介して棒につながったケーブル同士は電気が流れる状態にあります。タンクへの水の補給が何らかの理由で不足して、水位が短い方の棒よりも下がったとき、水を介する2本のケーブル同士の接続が切れ、電気が流れない状態になる、これがこのセンサーのしくみです。

センサーの不良で「水槽が空になっている」状態に

チェックリストの2番目で水が貯まっていることは確認済みです。そこでセンサーのケーブルを強制的に短絡させることで「センサーに問題がないか」を確認しました。

短絡

2本のケーブルを結んで、短絡させました。

ポンプは見事に動いてくれました。ケーブルの結線部をテープで始末して、ポンプにカバーを被せて作業完了です。

夜までに水が出るようになってよかった

入居者の方にお電話して、蛇口から水が出ることを確認しました。

入居者様
お水もお湯もちゃんと出ました~!ホントに助かりました。ありがとうございますっ!!

応急処置とはいえ、夜までに水が出るようになって本当によかったです。こんな風に感謝してもらえることが、この仕事のやり甲斐の一つですね。

作業内容

  1. 断水原因の特定
  2. ポンプ調整(空転防止制御線を短絡)

でした。

空転防止はポンプ保護のためには有効なセンサーですが、一般的な使用状態にあっては、なくても支障はありません。今回は管理会社さんと協議の上、この処置で作業を完了することになりました。

今回の料金 参考

  • 作業費 6,000円
  • 出張諸経費 2,000円(碧南市内、時間外緊急対応)

合計8,000円(税込8,640円)です。


専務
今回は運良く制御部分の細工で解決できました。ポンプ停止の原因は他にあり得ますが、その場合も応急的に水を出すことは可能です。
お問い合わせ

お急ぎの方は直接お電話にてご依頼ください。
フリーダイヤル

★気に入ったらシェアをお願いします!

★このブログの更新通知が受け取れる便利な購読サービスです。
follow us in feedly

この記事をお届けした
水道屋のはせがわせつびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!