瞬間湯沸器の下で水漏れ。バルブを取り替えました。

★気に入ったらシェアをお願いします!

新しいバルブ

こんにちは、専務の長谷川高士です。本日は、碧南市内でアパートの管理会社様からのご依頼です。

管理会社様
○○○ハイツでキッチンの湯沸器の下から水が漏れています。

早速、急行です。

水漏れは、バルブ(止水栓)からでした。

キッチンには、ガスの瞬間湯沸器がありました。事業所や公共施設の「湯沸室」や「給湯室」では見かけますが、ここ20年以内に新築された住宅――アパートやマンションも含む――では、ほぼ付いていません。若い方の中には、使い方が解らない方もいらっしゃるかもしれませんね。

湯沸器には水とガスがつながっていて、湯沸器の中でガスが燃えて火がつき、水を直接温めて、お湯にしています。

水がつながるところには、必ずバルブ(止水栓)

水がつながっているということは、その水を開け閉めするバルブ(止水栓)が必ず付いています。今回の水漏れは、そのバルブからでした。

瞬間湯沸器

写真真ん中の黒に赤丸がついたハンドルの部品がバルブです。

バルブを取り替えて、修理完了です。

作業は至って簡単です。まずは漏れているバルブを取り外します。

バルブ撤去

バルブを取り外したところ

そして同じ場所に新品のバルブを取り付けて、完了です。

新しいバルブ

新しいバルブを取り付けたところ

バルブと湯沸器をつなぐパイプはステンレス製のフレシキブル管で最も有名な商品名は「ベンリーカン」と言います。

参考 ベンリーカン(三栄水栓)

その名の通り、かなり便利(ベンリ)なパイプで、このおかげで随分と助かっています。簡単に取り替えができたのも、このベンリーカンが自在に曲がり、袋ナットで接続することができるからこそ、なのです。

また新品のバルブは、ハンドルを90度回すと開け閉めできるボールバルブというタイプを選んでいます。

作業内容

  1. 水漏れしているバルブの取り外し、
  2. 新品のバルブ(片ナット付きボールバルブ)の取り付け

でした。

今回の料金 参考

  • 部品代 2,600円
  • 作業費 2,000円
  • 出張諸経費 1,000円(碧南市内)

合計5,600円(税込6,048円)です。


専務
ボールバルブは90度回すだけで開け閉めできるので、使いやすいバルブです。
お問い合わせ

お急ぎの方は直接お電話にてご依頼ください。
フリーダイヤル

★気に入ったらシェアをお願いします!

★このブログの更新通知が受け取れる便利な購読サービスです。
follow us in feedly

この記事をお届けした
水道屋のはせがわせつびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!