水がマズい(味がおかしい)

原因の特定は難しいです。
解決方法は2つあります。
1) パイプを新しくする
2) 浄水器などを取り付ける
どちらの解決方法が適当かは、調査によって判断できます。

1) パイプを新しくする 150,000円~

蛇口まで水を送るパイプを給水管(きゅうすいかん)と呼びます。材質には鉄、

給水管(鉄)塩ビ、

給水管(塩ビ)ポリエチレン、

給水管(ポリエチレン)などの種類があります。

給水管の材質は、建物が建てられた年代によって、ある程度予想できます。鉄→塩ビ→ポリエチレンの順に製品化されてきたので、塩ビ管が普及する以前は、ほぼ間違いなく鉄のパイプが使われていました。

建物の築年数が大きく(古く)、給水管に鉄のパイプを使用している場合は、パイプの中の錆や汚れなどが原因で味の異常を感じることがあります。

給水管つまり給水のパイプを新しくする方法をご提案します。

2) 浄水器などを取り付ける 7,000円~

水道水は浄水場と呼ばれる工場で「浄化」されてから、各家庭や事業所に送り届けられます。さまざまな浄化がありますが、よく知られているものに塩素による滅菌があります。塩素滅菌のおかげで、私たちは水道水を安心して飲むことができます。

塩素の味が苦手な方がいらっしゃいます。蛇口の手前まで滅菌された状態で運ばれてきているので、貯め置きしないという条件であれば、塩素を取り除いた水道水を飲んでも安全上問題はありません。フィルター式の浄水器は塩素を取り除く能力があります。

浄水器浄水器にも種類があります。ご使用勝手に合わせて最適な浄水器をご提案します。